ヘアコロンで違和感のない自然な体臭対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢とともに自分の臭いが気になるようになりました。汗臭さというよりは、体内からに追っている独特の体臭が長年の悩みです。体を丁寧に洗ったり、デオドラントスプレーを利用する等の工夫はしていましたが、最近は更にヘアコロンで体臭対策をしています。

ヘアコロンは、香水に比べると自然な香りが多いです。香水だと自分の体臭と混ざって余計に臭くなることがありますが、ヘアコロンだとふんわり香る程度なので違和感がありません。また、香りもフローラルや石鹸の香りなど、シャンプーの香りと近いものを選べば、体臭対策と気づかれにくくおすすめです。

お手軽で髪の毛が揺れるたびにかすかに香る

ヘアコロンは、じっとしているとそれほど香りません。動いたりして髪の毛が揺れると風に乗って、良い香りがします。
ふんわりと香るため、「隣の人の香水がきつくていや。」などのトラブルも起きにくいです。
また、ヘアコロンは出かける時に、スプレーでシュッと一吹きするだけで完了です。手間がかかりませんので気軽に体臭対策をすることができます。
ヘアコロン自体も、小さいサイズのものが多いので、鞄の中に入れとくと、汗をかいた時や、お泊りの時にも使えて便利です。体調不良等でお風呂に入れなかったときなどは、体臭や頭髪の臭いが気になりますが、ドライシャンプーとヘアコロンを併用することで臭いを撃退することができるのでおすすめの方法です。

頭髪の臭いは意外ときつくて人に気付かれやすい!

仕事などでは意外と他人と顔と顔が近づくことがあります。体臭はもちろん、頭髪の臭いは鼻につくものです。女性にとって、髪の毛が臭う、体臭が臭いと思われるのはとても嫌なことです。
私の場合、髪の毛がもともと脂っぽくすぐに臭ってしまいます。また、朝ではなく夜にシャンプーをする習慣なので、夜に汗をかいたりすると、どうしても朝には髪の毛に臭いがついてしまいます。
朝が早い出勤の仕事の為、朝シャンプーをすることもできません。もしも、手軽に使えるヘアコロンがなければ、髪の毛の臭いを気にしながらの仕事になっていると思います。特に異性と顔を近づけなければいけないような場面では、仕事や会話の内容に集中できない可能性があります。

つけすぎには注意!家族や友人に確認してもらう

ヘアコロンは、香水に比べてもともとそれほど香りがきつくありません。ですが、体臭を気にするあまりつけすぎることは逆効果です。体臭、ヘアコロン、シャンプー、衣服の柔軟剤等の様々な臭いが混ざり、体臭以上に強烈な臭いになりかねません。
あくまで、髪の毛が揺れた時に自然に香る程度がおすすめです。ヘアコロンは髪の毛につけるので、柔軟剤当為比べ鼻に近いところで香ります。そのため、つけすぎなのか、全く香っていないのかを確認することが意外と難しいです。つけすぎかな?という程度で丁度良いこともあります。
そこで、家族や友人にどの程度香りがしているか確かめてもらうことがおすすめです。他人に臭いをかいでもらうことは気が引けるかもしれませんが、自分の臭いは自分では気が付かないことがおおいので、気の置ける人に確認してもらうと良いでしょう。