寝汗は1日の体臭の原因になる?朝のシャワーで汗と嫌な臭いがストップします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段から寝ている間に自然と汗をかきますよね。
特に寝苦しい夜は暑さで汗をかいてしまい、朝起きるとシャツがびしょびしょに濡れて体がベタ付き、とても嫌な臭いがする事はありませんか。

寝ている間にかいた汗は時間が経つと、雑菌が繁殖して体から嫌な臭いが発生してしまいます。

そんな時は朝起きた時にシャワーを浴びて、汗を洗い流すのがオススメです。首回りや背中、胸や脇の下をよく洗う事で汗が引いて嫌な臭いもなくなります。またシャワーを浴びる事で肌が心地よく刺激されて、頭がスッキリ眠気もなくなります。

一緒に頭を洗えば頭皮の臭いも取れて、全身がとてもさっぱりした状態になります。

さらに臭い対策になるボディソープなどで体を洗っておくと効果的です。私がおすすめするのは医薬部外品の石鹸です。なぜなら医薬部外品には有効成分が含まれているからです。スソワキガやワキガにも効果的だと言われているイソプロピルメチルフェノールが含まれている石鹸で洗うことで臭いの元になる雑菌を殺菌することができますし、抗菌することで雑菌が繁殖しにくくなります。私が使ったのは口コミでも評判のイビサソープという臭い対策石鹸です。この石鹸は医薬部外品に指定されているし、口コミを見た感じでも多くの人が効果を感じたと評判が非常に良かったです。

爽快な気分で1日快適に過ごす事が出来ます。

前日の夜に入浴した事で体がさっぱりして、気持ち良くベッドに入る事が出来ると思います。そのままの状態で出掛ける事が出来れば何事も上手く行く、全て順調に行く様な気がしますよね。

ところがたくさん汗をかいた事で不快な気持ちになり、体からはとても嫌な臭いが出てしまいます。そんな状態で出掛けたとしても、1つも良いことがありません。

満員電車の中で自分だけ臭くないか、嫌な臭いが充満していないか、つい周りの人を気にしてしまいます。朝にシャワーを浴びて体を綺麗にする事で、そんな不安な気持ちを解消する事が出来ます。

シャワーの後に新しいシャツに着替えれば、新たな気持ちでストレスもなく爽やかな気持ちになります。
いつもより少し早く起きるだけでシャワーを浴て気持ちがリフレッシュしてその日1日を快適に過ごせるのです。

シャワーで汗を洗い流さなければ寝汗の嫌な臭いはそのままです。

朝はあっという間に時間が過ぎてしまします。食事をする、テレビを観る、新聞を読む、服を着替える、とにかく朝はとても忙しいですね。

シャワーを浴びる時間はない、シャワーを浴びるのは面倒だ。そんな思いから汗拭きシートでサッと体を拭いて、簡単に済ませてしまうのでないのでしょうか。

汗拭きシートを使えば短時間で汗や臭いを拭き取り、肌がサラサラになり爽快感があります。しかし小さなシートではどうしても背中や肩の後ろの部分にムラや拭き残しが出来てしまい、上手に汗を拭き取る事が出来ません。
そのままの状態では外の暑さで再び汗をかいてしまい、そこからまた嫌な臭いが出てしまいます。

そんな事にならない様にいつもより少しだけ早めに起きる工夫をしてシャワーを浴びる時間を作りましょう。

シャワーの温度は低めに天然素材のタオルを使う事が大切です。

せっかくシャワーを浴びてもお湯の温度が高めでは更に汗をかいてしまい汗を抑える事が出来ません。

いつもより温度を低めに設定して汗を流しましょう。汗を洗い流し終えたら更に温度を下げて、仕上げのシャワーを浴びましょう。

頭から背中と最後は足に冷たいシャワーを浴びる事で体が冷えて、ダラダラとした汗を止める事が出来ます。

また体を洗う時は天然素材のタオルで洗う様にしましょう。

合成繊維のタオルやブラシで洗うと泡立ちがとても良いですが肌を傷付け過剰に皮脂を取ってしまいうので、あまりオススメではありません。

天然素材のタオルを使うと泡立ちが少なく洗った実感があまりないので少し物足りなく感じますが、肌を傷付ける事もなくダメージが少ないです。

以上の2つの事に気を付けてシャワーで汗を洗い流せば、体もスッキリ嫌な臭いも取れてその日1日を快適に過ごせるのでオススメです。